元気が出るような面白い話をする時に押さえたいポイント

人の気持ちはさまざまなことによって変化します。
美味しいものを食べて元気になったかと思えば、ちょっとした失敗でひどく落ち込んでしまうこともあります。
もし、自分の周りに元気がない人がいた時は、元気が出るような面白い話を提供してあげましょう。
ただし、面白い話は話し方によって伝わり方が大きく変わります。
相手に笑ってもらうためのポイントをいくつか押さえましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

なぞなぞは、こんなポイントを押さえて作れば盛り上がる

クイズと並んでみんなが盛り上がるものには、なぞなぞもあります。なぞなぞは、子供から大人まで楽しめ...

結婚についての雑学を学んで、みんなに自慢をしよう

結婚は、大人になった男女がするものだとはわかっていても、そもそも結婚はいつから始まったものなのか、結...

記念切手記念日にちなんだ切手や郵便の雑学や豆知識を知りたい

日本の一年の中には数多くの記念日が制定されています。その中のひとつに3月9日の記念切手記念日...

異性と楽しく会話をするならこんな話題にしよう

異性と会話をする時に、話し上手な人であれば話題にそれほど困ることもありません。しかし、異性と...

ゲームに関するさまざまな豆知識や雑学をご紹介

ゲームと聞くと、スマホなどの端末や機械を使ったものを思い浮かべると思いますが、それらの下地となったの...

コンビニの事がわかる雑学について知りたい

コンビニは便利で、子供からお年寄りまで利用したことのない人はごく少数でしょう。そんなコンビニ...

外国人が日本に来てびっくりしたさまざまなこと

日本の中でも隣の県と食べ物や生活のルールが異なることがあります。同じ日本でもそうなるのですか...

両国国技館の地下には、知る人ぞ知る、ある施設があった

両国国技館と言えば、日本の国技である大相撲の興行を行う施設です。用途としては、相撲の試合はも...

気まずい時の会話は、こんなコミュニケーション術を使おう

仲の良い相手だとすぐに盛り上がった話が出来るのに、それほど仲が良くない相手だと、ちょっと微妙な会...

クリスマスの時期の南半球はどのようなものなのか

クリスマスと言えば、雪が降っていて、トナカイに引かれたソリに乗ったサンタさんがやってくるなど、冬の景...

おみくじを神社の枝などに結ぶ理由について知りたい

初詣や神社巡りなどでおみくじを引くことがあると思いますが、その時におみくじを神社の境内の木の枝などに...

スポーツに関するさまざまな豆知識を知ろう

スポーツは見るのも参加するのも楽しいものです。ただ見たり、プレーするのも良いですが、それにまつわ...

おもしろいネタの話をきちんとおもしろく伝えるためのコツ

身近におもしろい体験をしたり、興味深いネタの話を聞いたら、それを誰かに聞かせたい、もしくは教えたいと...

グリセリンが余っても、こんな使い道がある

手作りコスメが好きな人の中では比較的おなじみなのがグリセリンです。ちょっと試しに買ってみたも...

ビジネスのちょっとした雑談の時に役立つ雑学

仕事をする時に大切なものは、まずきちんと言われた通りの仕事をすることです。ただ、それを続ける...

スポンサーリンク

元気が出るような面白い話をする時に必ず心がけたいこと

人を楽しませようと思ったら、素敵な曲を聞かせたり、美味しいご馳走を食べてもらったりなど、色々な方法があります。
その他にも「面白い話を聞かせる」という面白い方法もあります。
そのように、トークで元気が出るような面白い話をしようと思ったら、その時に心がけたいことを覚えておきましょう。

聞きやすい声、話し方にする

いくら面白い話でも、その言葉が相手に聞こえていなければ無意味です。
相手に聞きやすいように、もそもそ喋ったり、早口にならないように心がけましょう。
また、テンションが上りすぎて大声にならないようにするのも大切です。

相手の目を見て話す

話をする時につい照れてしまって、相手の目を見れないという人もいるでしょう。
しかし、きちんと相手の目を見て話さないと、独り言を言っているのと同じです。
じっくり見つめる必要はありませんが、適度に相手の目を見ましょう。

アナウンサーほど綺麗に話す必要はありませんが、聞き取りやすい話し方を心がけるようにしましょう。

元気が出るくらい面白い話を見つけるポイント

友達や家族などに楽しんでもらおうと思って、元気が出るような面白い話を見つける時は、どういったポイントを押さえれば、集めることが出来るのでしょうか。
話のネタを見つけるためのコツについてご紹介します。

常にアンテナを張る

面白い話のネタはどこにでも転がっています。
周囲の会話やテレビ、ネット、雑誌などの中から見つかります。
ですので、どんなものにも興味を持って常にアンテナを張り続けましょう。

面白いかどうかは客観的に見る

たまたま何か面白い話のネタになるようなものに遭遇することが出来たら、ただ自分だけが面白いと感じるだけでは他の人にとって面白い話では無いかも知れません。
物事を客観的に見られる目を養いましょう。

面白い話を見つける感性は、お笑いを見ることで鍛えると良いでしょう。

面白い話をする時にしっかり見極めたいこと

いざ元気が出るほど面白い話を見つけたとして、その話を披露する前にしっかり見極めておくべき事柄があります。

共感出来る内容なのか

面白い話の中で大切なもののひとつに「共感できる部分がある」というポイントがあります。
いくらその話が自分では面白いつもりでも、聞いている人から共感を持たれないような変わった話はあまり喜ばれないでしょう。

オチに驚きはあるのか

面白い話の最も大切な要はなんといってもオチです。
簡単に読めそうなオチや、「それがどうしたの?」と言いたくなるような驚きの無いようなものだと、とても面白いとは言い難いものになります。

人から面白いと思ってもらえるポイントは、意外に厳しいものです。

元気が出るような面白い話をする時に大切なコツ

誰かに面白い話をして、励ましたり、テンションを上げてもらいたいと思ったら、その話をする時に大切なコツがあります。
それを押さえておかないと、元気が出るどころではなくなるかも知れません。

話を長くしすぎない

いくらオチが面白い話だとしても、そこまで辿り着くまでに長々と話をされると、聞いている側も疲れてしまいます。
意味がわかる程度に短くまとめましょう。

自分の感情も入れる

面白い話の中には、その事実を伝えるだけで十分に面白いものがあります。
その一方で、その話を見たり聞いたりした人の感情を入れることでより面白くなるもの、または入れないと面白くならないものもあります。
話を面白くするエッセンスとして、自分の感情も入れてみましょう。

話が上手な人は、話をまとめるのも上手です。

みんなに面白い話だと思ってもらうために気をつけたいこと

自分の面白い話をみんなに聞かせようと思うのは良いことですが、気をつけないといけないこともいくつかあります。

誰かが傷つくような話はしない

失敗した話や、誰かの欠点の話は面白いと思われる反面、その話のネタにされた人が傷ついてしまう恐れがありますので、出来るだけネタにしないようにしましょう。
また、自分の短所などを話す、いわゆる自虐ネタも悪くありませんが、行き過ぎた内容だと、聞いた相手が反応に困ってしまうこともありますので、ほどほどにしましょう。

言うタイミングを考える

いくら面白い話をしようと思っても、タイミングが悪いと残念なものになってしまいます。
例えば、みんながテレビの話で盛り上がっているのに、急に全く関係のない話をされると、他の人からすると「なんで今その話をするの?」と疑問に思われてしまいます。
また、相手が話をゆっくり聞けないくらい忙しいところなのに、無理やり話を聞かせても、相手の頭には入りづらいものになり、笑ってもらえません。

空気を読むのは難しいですが、その場にふさわしい話をすることが大切です。