会話に困った時に使えて役立つ、コミュニケーションのコツ

多くの人が仕事をする時に、同僚や取引先、お客様などと会話をします。
相手の方から話しかけてくれて、上手く会話が弾めば良いのですが、お互いの距離が微妙な間柄の場合は、何を話しかけたら良いのかわからなかったり、せっかく会話を始めたところで、会話が弾まずに、また気まずい思いをしてしまうこともあります。
ここでは、そのように会話に困った時に使えて役に立つ、コミュニケーションのコツなどについてご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

なぞなぞは、こんなポイントを押さえて作れば盛り上がる

クイズと並んでみんなが盛り上がるものには、なぞなぞもあります。なぞなぞは、子供から大人まで楽しめ...

いろんな豆知識を知りたければ、さまざまなゲームを学ぼう

世の中にはいろんな豆知識があります。山のようにありすぎるためどこから手を付けたら良いのかわからな...

ラインで使える話のネタや、上手なメッセージのやり方

ラインは手軽にメッセージのやり取りが出来る、コミュニケーションツールのひとつです。毎日挨拶を送り...

元気が出るような面白い話をする時に押さえたいポイント

人の気持ちはさまざまなことによって変化します。美味しいものを食べて元気になったかと思えば、ち...

久しぶりに会う友達との会話に困らないために出来ること

しばらく会っていなかった友人と久しぶりに再開出来るのは嬉しい事ですが、その反面久しぶり過ぎて、ど...

外国人が日本に来てびっくりしたさまざまなこと

日本の中でも隣の県と食べ物や生活のルールが異なることがあります。同じ日本でもそうなるのですか...

おもしろいネタの話をきちんとおもしろく伝えるためのコツ

身近におもしろい体験をしたり、興味深いネタの話を聞いたら、それを誰かに聞かせたい、もしくは教えたいと...

トークの技術や話題の選び方を学んで、デートを成功させよう

いつもは誰とでも普通に話せる人でも、好きな人の前では上手く話せないということもあるでしょう。...

結婚についての雑学を学んで、みんなに自慢をしよう

結婚は、大人になった男女がするものだとはわかっていても、そもそも結婚はいつから始まったものなのか、結...

異性と楽しく会話をするならこんな話題にしよう

異性と会話をする時に、話し上手な人であれば話題にそれほど困ることもありません。しかし、異性と...

クリスマスの時期の南半球はどのようなものなのか

クリスマスと言えば、雪が降っていて、トナカイに引かれたソリに乗ったサンタさんがやってくるなど、冬の景...

スポーツに関するさまざまな豆知識を知ろう

スポーツは見るのも参加するのも楽しいものです。ただ見たり、プレーするのも良いですが、それにまつわ...

コンビニの事がわかる雑学について知りたい

コンビニは便利で、子供からお年寄りまで利用したことのない人はごく少数でしょう。そんなコンビニ...

クイズ大会を面白いものにするために押さえておきたいポイント

会社の懇親会などで余興を行う時に、さまざまなものがありますが、その中でもクイズ大会は人気の催し物です...

オトナの雑学や豆知識を仕入れて、話題豊富な人になろう

職場や取引先で話をする時に、さまざまな話題がありますが、その時に無難な話ももちろん必要ですが、年代の...

スポンサーリンク

会話に困った時、ちょっとした切り出し方で空気を変えられる

会社で朝や昼に出くわした相手が、仲の良い同僚でしたら、軽い挨拶の後にスムーズに会話をすることが出来ます。
しかし、普段あまり関わりのない人や、苦手なわけではないけど、気軽に話しかけづらい人などと会った場合ですと、何を話して良いのかわからないと思います。
そういった会話に困った時に使える、話の切り出し方のポイントについてご紹介します。

朝にピッタリな話題

朝、会社の人と会った時に最もピッタリな話題は、天気の話です。
今日は晴れるのか雨なのか、昨日の夜の天気はどうだったのか、天気予報は何を言っていたのかなど、ほんの些細なことでも話題にしましょう。

昼間に使える話題

お昼前後に雑談をする時は、昼食や、食べ物の話題がおすすめです。

これから何を食べるのか、もしくは何を食べたのか、それに関連して好物や、苦手なものの話題などについて話をしましょう。

退社時間頃に合う話題

仕事を終えて退社する頃の時間に合う話題は、相手の頑張りをいたわる話です。
常に気配りをしてくれている人や、今日は力仕事が多かった人など、どれだけ頑張って、どれだけ疲れたのかを聞いたり、ねぎらってあげましょう。

長く話をする必要はありませんが、ちょっとした雑談をするとコミュニケーションが円滑になります。

会話に困った時は、会話を途切れさせない人のコツを真似しよう

雑談などをしている時に、話し始めは良かったのに、なんだかテンポ悪く、気がついたら会話が途切れてしまうなんてことはよくあることです。
そういった時は、会話を途切れさせない話し上手な人のコツを取り入れてみましょう。

「話を膨らませる癖をつける」ということ

人と会話をしていて「こんな人はちょっと嫌だな」と思われるタイプの人は、「自分に興味を持ってくれない人」です。

例えば「何の食べ物が好きですか?」と聞いた時に、相手が「チョコレートが好きです」と答えた場合に、「ふーん、そうなんですか」で終わらせてしまっては、「あれ?この人、私に興味がないのかな?」と思ってしまいます。

そういった答え方ではなく、もう少し相手に興味を持った、もしくは持っているように見える返しをするようにしましょう。

相手に興味があれば、次々に話したいことが湧いてくるはずです。

会話に困った時に使える、年上との会話のテクニック

会社にいる人達には、さまざまな年代や立場の人がいます。
同じ年代の人なら気軽に話せても、年上だと上手く話すことが出来ないということはありませんでしょうか。
年上の人との会話に困った時に使えるテクニックについて紹介します。

褒める

多くの人は、褒められる事を嬉しいと感じます。
それは年上の人でも変わりません。仕事ぶりや、身につけているものなどを上手に褒めてあげましょう。

リアクションは少し大きめに

相手の話に興味があるのに、なんだか相手がのってこないと言う場合、もしかしたら自分のリアクションが小さいのかも知れません。
大げさなのはわざとらしいですが、声のトーンを少し上げて、表情もわかりやすく変化させてみましょう。

聞き役に徹する

すべての年上の人がそうだとは言いませんが、大半の人は自分の話を聞いてもらいたいと思っています。仮に自分の話の方が面白いと思っていても、出来るだけ聞き役に徹しましょう。

年上だからと、身構えず胸を借りるような気持ちで話しかけてみましょう。

年下との会話が噛み合わずに困った時に使える話術

職場にいる人は、年上ばかりではありません。
年下の人とも話す機会もあるはずです。
あまり年齢が変わらないのであれば、気にすることはありませんが、かなり年が離れているために、会話が噛み合わなくて困っている人に使える話術について紹介します。

「年下」というカテゴリーに当てはめない

かなり年下の人に話しかける時に、「若い人って何が好きなの?」という質問をする場合があります。
これは間違いではありませんが、その相手の年令が若いからといって、今どきの若者の行動をしているとは限りません。

「年下」というカテゴリーに入れず、あくまでも個人として会話をするようにしましょう。

無理に褒めない

人は誰でも褒められるのを好みますが、だからといって、どんな褒め言葉でも良いわけではありません。
きちんと相手の行動を見て、褒めるべき点を探してあげて、そこを褒めるようにしましょう。

自虐ネタや誰かをからかうような話題を出さない

会話を少しでも盛り上げようとして、自虐ネタや誰かをからかうような内容を織り交ぜて話をする事がありますが、そういったネタは相手のフォローがあって初めて成立するものです。
年下の相手が年上の人との会話で緊張している場合、それが上手く出来ない可能性もあります。

相手に無理な気遣いをさせて困らせないためにも、無難な会話をするようにしましょう。

年下だからと下にも見ず、むしろ上の人と話すような気持ちで接するようにしましょう。

話術と一緒に見た目も磨けば、自然と人から好かれる

自分ではそれなりの話術や会話のテクニックを身に着けているつもりなのに、なんだか距離を置かれているような気がするなんて思うことはありませんでしょうか。

人は中身が一番大切ですが、だからといって二番目に大切な身なりをなおざりにしていては、肝心な中身も見てもらえません。

営業や窓口の人は言うまでもありませんが、そうではない部署に所属していても、きちんと清潔感のある身だしなみを整えましょう。

身だしなみを綺麗にするのは、第一印象が良くなるだけではなく人と会話をする時に糸口にもなります

最近使ってみて良かったヘア剤やスキンケア用品、服を手入れしている時に困ったことや失敗談、他にも相手におすすめな身だしなみ用品はあるのかなどといった質問をすると、思わぬ収穫があったり、話が盛り上がるかも知れません。

人と楽しく会話をしたいのであれば、自分もそれにふさわしい努力をするべきです。