花にはさまざまな花言葉がある。その中でも面白い物を知りたい

世界中の花にはさまざまな種類があり、それぞれの花には花言葉がつけられています。
愛や友情に関連する美しい言葉から、怒りや悲しみの気持ちが込められたものまで多岐に渡ります。
ここではその中でも面白い花言葉についてご紹介します。
花の美しさだけではなく、その花につけられた変わった花言葉について学んでみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

あっと驚く雑学は、自然の中にたくさん隠されている

世の中には、知っているようで知られていない雑学が数多くあります。ここでは、自然に関するあっと驚く...

雨が好きになる雑学を知って、みんなに教えたい

雨が降ると憂鬱な気持ちになる人もいますが、恵みの雨とも言われたり、ただの雨だと思っても色々な側面があ...

海の雑学や豆知識を学んで、雑学博士になろう

雑学は、人の知識を豊かにする、いわば肥料のようなものです。正当な勉強に関係するものから、あま...

スポンサーリンク

面白い花言葉について知りたい。ゴボウの花につけられた花言葉

花にはそれぞれ花言葉があります。
可愛らしい意味のものから、悲しいものまでさまざまなものがありますが、中には変わっていて面白い花言葉を持つ花もあります。
その中でもあまり花を見ることの少ない、ゴボウの花言葉について見てみましょう。

ゴボウに花は咲くのか

そもそもゴボウの花自体を見たことがある人は少ないですが、ちゃんと花は咲きますし、花言葉も付けられています。

ゴボウの花言葉は「いじめないで」、「警戒」、「私に触らないで」などです。

なんだかいじけている人が言うような言葉ばかりです。
ちなみにゴボウの花はアザミによく似た可愛らしい花です。

ゴボウと同じ花言葉を持つ花

ゴボウの花言葉のひとつに「私に触らないで」という言葉がありますが、それと同じ言葉を持つ花はまだあります。
そのひとつがゴボウとよく似た見た目のアザミです。
トゲトゲした見た目が、他人に触られるのを拒絶しているようです。
もうひとつが、ホウセンカです。
ホウセンカは成熟した実を触ると種が弾けることでも知られています。
「触ると爆発するぞ」と言っているのかも知れません。

花言葉にはネガティブで面白いものもあります。

面白いけど女性に贈ると怒られる花言葉のビバーナム・スノーボール

面白い花言葉を持つ花は他にもあります。
その中のひとつがビバーナム・スノーボールです。
この花は、見た目があじさいにも似ている綺麗な花です。
そのビバーナム・スノーボールの花言葉と、それに似ているあじさいの花言葉についてもご紹介します。

女性に贈らない方が良いビバーナム・スノーボール

ビバーナム・スノーボールの花言葉は、ズバリ「年齢を感じる」です。
見た目が綺麗なので、女性への贈り物として選んでしまいそうですが、花言葉を調べるような花好きの女性に贈るのは止めておきましょう。
ただ、ビバーナム・スノーボールには他にも意味があります。
もうひとつの花言葉は、「茶目っ気」です。
明るく可愛らしい意味もあるので、贈り物として絶対に駄目だとは言い切れません。

見た目が似ているあじさいにはどんな花言葉があるのか

ビバーナム・スノーボールは、あまり聞き慣れない花の名前ですが、その見た目はあじさいと非常に似ています。
そんなあじさいの花言葉には「移り気な心」、「浮気」などがあります。
また、色によっても花言葉は変わります。
青は「辛抱強い愛情」、ピンクは「強い愛情」、白は「寛容」といった意味があります。

花のプレゼントをする時は、見た目と意味との両面で考えてみると良いでしょう。

面白い人に贈りたい、楽しい花言葉を持つ花

数多くある花言葉の中には、面白い人にピッタリな楽しい意味を持つものもあります。

パリピに贈りたいパセリ

パセリの花言葉は、「お祭り気分」、「祝祭」などです。
ワイワイ騒ぐのが好きなパリピにピッタリの花です。
一方でパセリは、「不和」や「不幸の前兆」といった意味も持つ不思議な花でもあります。

マイペースで面白い人に贈りたいヘチマ

小学校の頃の観察日記を付ける植物としておなじみのヘチマは「悠々自適」や、「ひょうきん」といった花言葉を持ちます。
自分の周りでマイペースでジョークが好きな人がいたら、その人にピッタリの花と言えます。

ひねくれた笑いが好きな人にはサラセニア

サラセニアという花は、日本には無い花で、その変わった見た目から、「風変わり」や「変わり者」などといった花言葉があります。
また、サラセニアは食虫植物なので、虫が嫌いな人にもおすすめです。

面白い花言葉を持つ花をプレゼントしたら、その変わったセンスを褒められるかも知れません。

どうしてこうなった…。変わった花言葉を持つ花たち

多くの花は、優美さや可憐な雰囲気にマッチする花言葉が付けられていますが、中にはなぜそんな言葉を選んだのかと疑問に思えるほどに変わった花言葉がある花もあります。

微妙は花言葉ナンバーワン、クレオメ

クレオメは小さな蝶がたくさん止まっているかのような可愛らしい見た目をしていますが、花言葉は「思ったより悪くない」というなんとも微妙な意味があります。
ただ、他には「あなたの容姿に酔う」や、「小さな愛」というのもありますので、見た目に合った花言葉も持っているのです。

理解し難い柿の花言葉

果物としておなじみの柿にも花言葉がいくつかあります。
主なものとしては、「自然美」や「恵み」などといった、日本の風景にもしっくりくる花言葉ですが、他に「広大な自然の中で私を永遠に眠らせて」という理解し難いものもあります。
これを考えた人は、その時に何か嫌なことでもあったのでしょうか。

花言葉で叱ってくるサフラン

サフランは、高級な香辛料として有名な植物ですが、花言葉は「過度をつつしめ」、「濫用するな」です。
良い香りがするからといって、高い値段のサフランを使いすぎるなとたしなめているのでしょうか。

花の中にはさらに暗いイメージの花言葉があるものもありますので、それに比べれば、まだマシな方だと言えます。

告白されて困った時は、こんな花言葉の花で返事をしてみよう

花言葉は、言葉で上手く表現出来ない時のメッセージとしても使うことが出来ます。
例えば、告白されて困った時には、こんな花を渡して返事をしてみましょう。

明るい未来が見えそうになかったらキンギョソウ

告白はされたものの、その相手との将来を考えた時に、明るい未来が見えそうにもなければ、キンギョソウを渡しましょう。
キンギョソウの花言葉は「推測ではやはりノー」という意味があります。
「熟考した結果これでした。」と言えば、なお良しです。

勘違いされた時はムラサキツユクサ

職場の先輩などから指導を受けていて、その人のことを好きになることがあると同時に、逆に先輩の方から好意を寄せて来ることがあります。
そのように尊敬している相手から勘違いされた時は、ムラサキツユクサを渡して「この花には『尊敬しているが恋愛ではない』という花言葉があります」と言ってあげましょう。

相手を微妙な気持ちにさせる、リンドウ

相手にハッキリ気持ちがないことを伝えたいけど、それをやんわりと伝えたい時は、「悲しんでいるあなたを愛する」というなんとも言えない意味の花言葉を持つ、リンドウがおすすめです。。
きっと相手も贈られた意図がわからず微妙な気持ちになり、恋愛感情を持たなくなってくれるでしょう。

花のプレゼントはとても素敵です。
意味を重視して贈ってみるのも良いでしょう。