マニアックでヘンテコな動物の生態や雑学を知りたい

動物の雑学や豆知識を知ろうと思った時に、メジャーな動物の種類や生態から学ぶことが多いでしょう。
それを学び終えたら、さらにマニアックな種類や動物についても知っていくことをおすすめします。
ここではそのいくつかをご紹介しますので、動物が大好きな人は、さらに深堀りをした動物のマニアックな知識を知っていきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ラッコが食事に使う石や、食べる貝の種類などについて知りたい

海に住んでいる哺乳類の中でも、飛び切り可愛いのがラッコです。ラッコと言えば、貝を石で割って食べま...

犬のことが色々わかる豆知識について知りたい

ペットを飼う時はただ飼い方を学ぶだけではなく、豆知識を入れておくことでより深く楽しく育てることが...

キリンにまつわるさまざまな面白雑学を知りたい

動物の種類をいくつか挙げた時に、キリンは欠かせない動物のひとつです。キリンは首が長くて背の高い動...

魚にまつわるさまざまな豆知識について知りたい

世の中には数え切れないほどの多くの魚がいます。その豆知識を学ぶなら、身近なものから知ると良い...

おもしろくて楽しい、さまざまな動物の知識

知識や雑学を知る時は、勉強のように真面目なものよりも、楽しくておもしろい知識の方が意外と頭に入るもの...

鮭が白身魚なのに、身が赤い理由について知りたい

魚には、マグロのような赤身のものや、タラのような白身魚などの分類があります。鮭は身が赤いので、赤...

カエルのことに詳しくなれる豆知識について知りたい

生き物にはさまざまな種類や生態のものがあります。その中でもカエルは両生類という魚と爬虫類の特...

恐竜のことがよくわかるさまざま豆知識を知りたい

現代で映画や図鑑などでのみ見ることが出来る恐竜は、今の地球上にはいないとされていますが、太古の昔...

おもしろい生き物は世界中のあちこちにいます

動物が好きな人は、身近にいるものから、外国にしか生息していないものまでさまざまなおもしろい生き物...

雀はどのような食べ物を食べるのか、また食べてはいけない物は

雀はカラスと同様にどこにでもいる鳥のひとつです。小さくて見た目も愛らしいですが、ところでこの...

豆知識の中には、知りたくなかったいらない豆知識がある

クイズなどが好きな人からすると、雑学や豆知識をたくさん知って、自分の糧にしたり、他人に自慢したいもの...

魚類の王様、サメについてのさまざまな面白雑学

サメは、魚類の中でも特に体が大きいものが多く、魚類の王様とも言える存在です。そんなサメの中で...

ライオンは猫と同じようにまたたびが好きなのか

猫の好きなもののひとつにまたたびがありますが、これは猫だけに見られる事なのでしょうか。同じ猫科の...

スポンサーリンク

動物の中で多くの種類がいる、犬に関するマニアックな雑学

犬はペットとして飼われている動物の中でも特にメジャーな種類です。
しかし、その人気の高さゆえに品種改良が多岐にわたって行われており、結果相当な犬好きにしか知られていないようなマニアックな種類も存在します。

レオンベルガー

名前の中にライオンを意味する言葉が入るレオンベルガーは、ニューファンドランドやセントバーナードなどをかけ合わせて作られた大型犬です。

ベルガマスコ

毛足が長かったり、毛質に特徴のある犬はいくつもありますが、特にベルガマスコはモップのような毛束にインパクトがあり、一度見た人は忘れられない容姿です。

ベドリントン・テリア

プードルのようであり、テリアのような見た目でもある、ベドリントン・テリアも見た目変わっている犬のひとつです。
大人しそうな見た目に似合わず、攻撃的な一面があります。

正確な数字はわかっていませんが、世界中に800種類もの犬種があるとされています。

マニアックな動物の知識を得られる、珍しい猫の種類

犬だけではなく、猫の種類にもマニアックな知識があります。
大昔から人間に飼われている動物のひとつである猫には、どのような変わった種類がいるのでしょうか。

ラパーマ

猫は長毛種から短毛種までいますが、ラパーマは毛にパーマをかけたような面白い見た目が特徴です。
性格は人懐っこく、甘えん坊です。

スフィンクス

ラパーマはふわふわのカールした毛が特徴ですが、対してスフィンクスは超短毛種の代表です。
毛が産毛のような短い毛しかないために、一見すると毛が無いように見えます。

マンクス

猫といえば、しなやかな尻尾が特徴のひとつですが、マンクスという種類は尻尾が極端に短いため、尻尾が無いように見える珍しい種類です。
走り方も、ウサギのようにぴょこぴょこと跳ねるように走ることがあることも、この種類の特徴です。

猫は犬よりも品種改良が頻繁にされていないため、100種類を超える程度にしかいないとされています。

マニアックだから知りたくなるような、ネズミに関する動物の知識

人間に飼われる動物の中でも人気の高いものといえば、ハムスターもあります。
しかし、ここではハムスターのようなメジャーな種類ではなく、マニアックなネズミの種類についてご紹介します。

マーラ

ネズミの仲間であるげっ歯類の中で最も大きいものは、カピバラです。

そしてその2番目に大きいのがマーラです。マーラはネズミでありながら、カンガルーやウサギに近い見た目をしています。

バルチスタンコミミトビネズミ

ネズミの種類の中で最も小さいとされているものをご存知でしょうか。
それはバルチスタンコミミトビネズミです。

体の大きさは5センチに満たないほどの大きさしか無く、動物の中でも最も小さいとされています。

ハダカデバネズミ

マニアックな動物に詳しい人に変わった動物には何がいるかと尋ねると、ハダカデバネズミの名前を上げる人が多くいます。
見た目も奇妙ですが、アリやハチのように集団で社会を形成する珍しい種類です。

ネズミは見た目が可愛らしいものから、ヘンテコな見た目のものまで数多くいます。

マニアックで興味深い魅力がある動物、猿に関するトリビア

ペットを飼う中で、猿を飼っている人はとても珍しいですが、種類によっては飼うことも可能です。
ただし、この項目では飼うのには向いていないかもしれない猿のマニアックな知識についてご紹介します。

ニホンザル

ニホンザルは日本に住んでいて、数多くの動物園でも見られるため、マニアックな種類とは言えません。
しかし、ニホンザルは寒い地域でも住むことが出来たり、温泉に入るなと、世界的に見ても生態などが珍しいマニアックな種類なのです。

ヒゲサキ

猿には見た目が奇妙なものが数多くいますが、ヒゲサキという猿の特徴はヒゲよりも頭が目に行きます。
ボリュームのある髪を真ん中に分けたような不思議な頭は、クセの強い紳士を彷彿とさせます。

エンペラータマリン

変わった猿の中には、ヒゲが特徴的なものもいます。エンペラータマリンは、おじいさんのように立派なヒゲが目に行きます。

「エンペラー」という名前がついたのもそのためです。

猿にはさまざまな種類がいますので、動物園にも足を運んでみましょう。

動物の可愛くてマニアックな知識を得るなら、ウサギについても学ぼう

マニアックという単語とは縁遠そうな可愛いウサギにもマニアックな雑学はあります。

アンゴラ

アンゴラと聞くと、服の素材のことを連想する人も多いと思いますが、アンゴラはウサギ、もしくはヤギの名前でもあります。
ウサギのアンゴラは服の素材として使えるように、毛が長く改良された種類です。

フレミッシュジャイアント

ウサギといえば、小さくて可愛い見た目のものが多いですが、フレミッシュジャイアントその逆でとても大きいサイズの種類です。
重さは6キロから8キロにもなるので、中型犬に相当するほどの大きさに成長します。

ポリッシュ

体が小さく、耳や鼻先も短いため、丸くて可愛らしい見た目のポリッシュは、ウサギの中でも最も小さい種類とされています。

動物には数え切れないほどの数多くのマニアックな種類や知識があるのです。