気まずい時の会話は、こんなコミュニケーション術を使おう

仲の良い相手だとすぐに盛り上がった話が出来るのに、それほど仲が良くない相手だと、ちょっと微妙な会話になってしまうなんてことはよくあることです。
コミュニケーションスキルの高い人であれば、特に気にすることはありませんが、そうではない人は、重く感じる空気をなんとかしたいと考えるでしょう。
そのような気まずい時の会話として使える基本のテクニックや、状況に応じた相手に使える会話術などについてご紹介しますので、是非参考にしてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

看護師は合コンが多いのは本当か、仲良くなる時に気遣うべきこと

看護師は、白衣の天使とも呼ばれ、男性人気の高い職業です。そのため、合コンが多いという噂があり...

コンビニの事がわかる雑学について知りたい

コンビニは便利で、子供からお年寄りまで利用したことのない人はごく少数でしょう。そんなコンビニ...

帰国子女のさまざまな特徴を知って、より仲良くなろう

帰国子女と聞くと、見た目は日本人なのに外国語中心で話すイメージがあるなど、少し距離を感じている人...

会話に困った時に使えて役立つ、コミュニケーションのコツ

多くの人が仕事をする時に、同僚や取引先、お客様などと会話をします。相手の方から話しかけてくれ...

ためになるし役に立つ、行事やイベントに関する豆知識

クイズ番組や情報番組が好きな人なら、多くのためになるような豆知識を仕入れたいですよね。ここで...

トークの技術や話題の選び方を学んで、デートを成功させよう

いつもは誰とでも普通に話せる人でも、好きな人の前では上手く話せないということもあるでしょう。...

スポーツに関するさまざまな豆知識を知ろう

スポーツは見るのも参加するのも楽しいものです。ただ見たり、プレーするのも良いですが、それにまつわ...

久しぶりに会う友達との会話に困らないために出来ること

しばらく会っていなかった友人と久しぶりに再開出来るのは嬉しい事ですが、その反面久しぶり過ぎて、ど...

元気が出るような面白い話をする時に押さえたいポイント

人の気持ちはさまざまなことによって変化します。美味しいものを食べて元気になったかと思えば、ち...

なぞなぞは、こんなポイントを押さえて作れば盛り上がる

クイズと並んでみんなが盛り上がるものには、なぞなぞもあります。なぞなぞは、子供から大人まで楽しめ...

ビジネスのちょっとした雑談の時に役立つ雑学

仕事をする時に大切なものは、まずきちんと言われた通りの仕事をすることです。ただ、それを続ける...

結婚についての雑学を学んで、みんなに自慢をしよう

結婚は、大人になった男女がするものだとはわかっていても、そもそも結婚はいつから始まったものなのか、結...

おもしろいネタの話をきちんとおもしろく伝えるためのコツ

身近におもしろい体験をしたり、興味深いネタの話を聞いたら、それを誰かに聞かせたい、もしくは教えたいと...

ネタになる話は、身近なものの中にたくさんある

誰かと話をしている時に、ネタになる話があれば、より盛り上がれます。そういったネタを探す時に、無理...

クイズ大会を面白いものにするために押さえておきたいポイント

会社の懇親会などで余興を行う時に、さまざまなものがありますが、その中でもクイズ大会は人気の催し物です...

スポンサーリンク

気まずい時の会話として使えるテクニックをご紹介

普段から親しい友だちなら、話していてもしていなくても特に気になりませんが、まだ会って間もない人や、それほど親しくない相手だと、会話もあまり弾まなかったり、沈黙が怖いと感じてしまうなどの困ったことがあるでしょう。
そういった、気まずい時の会話はこのようにして乗り切りましょう。

近況を聞く

親友とまではいかなくても、そこそこ仲の良い相手であれば、「最近どう?」と話しかけてみましょう。
「特にないよ」と言われたら、自分の近況などを話してみると良いでしょう。

テレビなどの話題を出す

会話のタネに困ったら、とりあえずテレビで何を見たのか、どんなテレビが好きなどについて聞いてみましょう。
相手がテレビではなく、ネット派だった場合は、ネットで何か面白い記事や動画があるかなどについて質問すると良いでしょう。

沈黙を気にしない

特に話したいこともないし、話す気分でもないと言う時は、無理をして話しかけず、沈黙を気にせずスマホを見るなどしましょう。
スマホを見ることが出来なければ、別の事をして紛らわせましょう。

ちょっとした時間であれば、軽い会話で乗り切ることが出来ます。

気まずい時の会話をあまり仲の良くない友達とする時

別の友だちも一緒だとワイワイ楽しく話が出来るのに、二人っきりになると何を話して良いのかわからないという友だちもいるでしょう。
そんな気まずい時の会話として使えるポイントについて紹介します。

最近の天気の話

「今日は良い天気だね」や、「最近暖かくなってきたよね」など、最近の天気の話題を出してみましょう。
そこから「暖かくなってきたから新しい服を買ったよ」とか、「来週出かける用事あるんだけど、その時も晴れるかな」などといった話に繋げましょう。

共通の知人の話題を出す

話題が特に浮かばなければ、共通の知人を話題にするのもひとつの手です。
ただし、悪口大会のような状態にはしないようにしましょう。

趣味の話

お互いに何か趣味があれば、それについて訪ねてみるのも良いでしょう。
無理に相手の趣味に合わせる必要はありませんが、その趣味の魅力を語って貰えば、時間もすぐに過ぎるはずです。

苦手だと思わずに、積極的に話しかけてみましょう。

気まずい時の会話を上司とするなら、こんなポイントを押さえよう

仕事で上司と二人で作業したり、お客様のところに向かうなど、それほど親しくないのに一緒に過ごさなくてはいけないという状況はつらいものです。
しかし、気まずい時の会話を上手く切り抜けるには、こんなポイントを押さえましょう。

「上司にツッコむ」

一歩間違えば失礼な言動をしたり、下手をすると怒られてしまいそうですが、ただツッコむのではなく、「褒めツッコミ」をするように心がけるとバッチリです。

例えば、「この作業しんどいから嫌だな」と上司がぼやいたら、「でも〇〇課長はみんなより作業早いじゃないですか」と言ったり、「嫌だって言ってる割には仕事が丁寧ですよね」と言うなど、褒めツッコミを駆使しましょう。

人は誰でも褒めてもらいたいものです

中には褒められることが慣れていない、もしくは褒められること自体あまり好きではない人もいます。
そういった場合は、事実の中から褒めるべき点を挙げましょう。「そういう褒めるのやめてよ」と言われても、「事実ですから」と返すことが出来ます。

褒める時は、必ず嘘っぽくならないように心がけましょう。

気まずいと思っていても、ご近所さんとは挨拶はしておこう

アパートはマンションに住んでいて、ご近所付き合いをしている人は少数派だと思われます。
それどころか、挨拶もしないという人もいるかも知れません。

そもそも他の住人と顔を合わせることが滅多に無いのでしたら仕方がありませんが、気まずいと思わずに、すれ違う時くらいは軽く挨拶をしておきましょう。

ご近所さんと挨拶をすることで得られるメリットについて紹介します。

防犯に役立つ

空き巣などの泥棒は、顔を見られたり、声をかけられることを嫌がります。
ですので普段から住民同士で声かけをする癖を付けておけば、万が一不審者がウロウロしていても、声をかけることで防犯に繋がります。

トラブルが減る

住民同士で仲良くし過ぎると、トラブルの原因になりますが、ほどほどの交流であれば、逆にトラブルを減らすことが出来ます。
というのも、仮に知らない人が住んでいる部屋からゴソゴソと物音がすると不安になりますが、住んでいる人がわかっていると、不思議と気にならなくなるものです。
これは、住民の人側からも言えることです。

情報を交換し合える

挨拶だけではなく、世間話をするくらい仲良くなると、周辺の情報を知ることが出来ます。
新しいお店がオープンしたり、お得な買物情報なども知ることもあります。

わずらわしさから、近所とのコミュニケーションを極端に減らす人もいますが、他者との交流はそれほど無駄にはなりません。

コミュニケーションは、適度な距離感で取るのがおすすめ

あまり人付き合いが得意ではないという人は、他人とのコミュニケーションを出来るだけ取らないようにしがちです。
ですが、人とのコミュニケーションは少しでも取った方が自分にとっても、他人にとっても有益なことなのです。

広く情報を集められる

情報を集める時、自分一人の力ではたかが知れています。
他の人とある程度コミュニケーションを取っていれば、自分の視点からでは得ることが出来なかった情報を得ることが出来ます。

仕事のミスを減らせる

仕事でミスをするのは、さまざまな理由から起こります。
情報の伝達不足やミスによって起こることもあります。
普段から他の人と話をしていると、機材の交換や不具合などの情報を知ることが出来ますので、それによってミスを減らすことが出来ます。

自分がトラブルに会った場合に助けてもらえる

仕事などをしている時に、思わぬ失敗をしてしまったり、突然の事故に遭遇してしまうことも考えられます。
そういった時に普段からコミュニケーションを取っていないと、「助けて」の一言が言えないこともあります。

仕事とプライベートを分けたいと考える人は、適度な距離感を保つと良いでしょう。